今週のメッセージ要旨

2023年1月29日

】 「神の視線に立つ選択
【聖書】  創世記13118

1.人生の岐路に立つ。アブラムと行動を共にしたロトは、牧草地の少ない土地では二組の親族を養うことが困難でした。この人生の重大事においてどのような道を選択したのでしょうか。

2.アブラムの選択。トラブルの中でも神との交わりに生きる彼は、平和の解決方法を選択しました。財産のことでトラブルが発生した場合、競争相手の利益を考えず、自己を第一にするのが人の常です。しかし、彼はその権利を手放しました。それは、万事を神に委ね、人間の選択をはるかに超えてすべてを統治される神を信じたからです。

3.ロトの選択。ロトの選択はヨルダン渓谷の低地にある豊かな水で潤っていた土地を、濡れ手で粟をつかむようにことごとく選び取りました。しかし、神との交わりはなく、神の導きも求めず、やがてアブラムの強烈なとりなしの祈りにより、かろうじて神の裁きから救出されるという結果に至るのです。

アブラムとロトは人生の選択において、その違いが極だってあらわれました。肉的な判断による選択か、神の導きによる選択か。自己の欲望の目による選択か、神の視線に立つ選択か。この重大な問いかけを深く深く心に留めようではありませんか。

過去の礼拝動画は、鶴見緑地教会チャンネルで視聴できます。
https://www.youtube.com/channel/UCCk-xjE7WS7EuJxGqylO-2w